白猫プロジェクト攻略速報|白猫攻略・まとめ速報

まだデータがありません。


6,647PV

公式

1035: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/02/29(月) 19:00:08 ID:J5RuNJ/k0
割とマジで、白猫どうやったら面白くなるんだろな

PvPとかは論外だし

 

1043: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/02/29(月) 19:01:12 ID:T6nFrpeI0
>>1035
ソロでランダムダンジョン無限生成はいつかほしいわ

 

1045: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/02/29(月) 19:01:41 ID:S18DM90g0
>>1035
もう無理だと思うわ

 

1053: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/02/29(月) 19:02:27 ID:GfknJ0t.0
>>1035
でもリスリー安藤イザベラ槍ディーネと戦ってみたいな

 

1055: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/02/29(月) 19:02:52 ID:4yKMO0Sc0
>>1035
操作ビームを無くしてしてダメージ減の上限を50%くらいに抑える

 

  • Loadingこの記事をお気に入りに追加する
  • この記事をツイートする


只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメント一覧(20)
  • No.
    1

    別ゲーとして作りなおした方がマシなレベルの大修正でバランスを根本的に変えればもしかしたら・・・


  • No.
    2

    シャル、オウガ出る前までゲームをリセットすりゃいいだけよ。
    操作ビームも大概だか自己完結型が白猫に止めさしたでしょ。


  • No.
    3

    マンティコアが、槍のジャスガ間に合わない速さでガブガブ、ガブガブされたキャラのバフ全て吸収(リジェネ、バリア含)。
    操作、非操作関わらず、ビーム系反射敵、打ったキャラにダメージ。
    運営が決めたキャラ毎の協力用コスト作製。
    現ぶっ壊れクラス以外のキャラの全てのキャラの底上げをし、今の星11を墓標レベル以下にして、星15くらいまで作製。

    くらいかなぁ・・・思いつくのは・・・


  • No.
    4

    入れ替えとか操作ビーム強キャラはレアリティを星6にしておけば星5限定ダンジョンやれたのに性能差あっても全部星5だからどうしようもないね


  • No.
    5

    そんなに不満ならやめちゃえば?


  • No.
    6

    >>5
    その発言は自分の首絞めてるだけだぞ
    こいつらは所詮イナゴなんだから簡単に離れる
    嫌なら見るな関連の発言で一体どれだけのコンテンツがオワコンになったことか・・・


  • No.
    7

    金出してない害悪ニートがなに言ってんの?w


  • No.
    8

    実際、インフレ含めたこの最近の現状に対してなにも不満や不安がない奴の方が珍しいんじゃないか?


  • No.
    9

    金出さないと害悪とかやべえ笑


  • No.
    10

    フジがオワコンになったのがネット民のおかげだと勘違いしてるイタい子がまだいたとはw


  • No.
    11

    ユーザーで縛ればいいだけだよ


  • No.
    12

    作り直した方が良いよね、正直なところ今の白猫はやっててもおもんない。ただの無双ゲー


  • No.
    13

    単にキャラの強さに見合ったクエストが無いだけなんだよなぁ・・・☆12は火力無いと話しにならんから好きなキャラでも頑張ればクリアできるってワケじゃないのがクソだったし


  • No.
    14

    s1使用不可縛りミッションとか?


  • No.
    15

    うん、だから不満なら辞めちゃおうよ


  • No.
    16

    新敵出すスピード上げるのとコンボとかヒット数の概念の導入だろ


  • No.
    17

    古参がクリア出来るかどうかの難しいクエストを追加しないとダメだと思うぞ!
    今の無双げーは正直飽きが早くなると思う
    噛み応えのないゲームが今の白猫です


  • No.
    18

    単純にごねるヤツの言うことを無視すれば良いと思う


  • No.
    19

    キャラの魅力を引き出せばいいと思うよ
    魅力があればこのゲーム面白いってなるよ


  • No.
    20

    作り直した方がマシだと思うゲームをなぜやってるんだw


  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ