白猫プロジェクト攻略速報|白猫攻略・まとめ速報


3,790PV

公式

 
311: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/09(木) 16:33:57.66 ID:hR5Hess5a
正直古参なんて新規に比べたら雀の涙程度しかいないんだし復刻強行しても大して問題なかったのにな
コロプラさんはユーザー思いの良運営じゃね?

 

317: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/09(木) 16:35:13.78 ID:iaOgoQb30
>>311
思いがすれ違いまくって摩擦熱ヤバい

 

341: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/09(木) 16:37:42.30 ID:oH95noWN0
>>311
コロプラは廃課金者に逃げられるのが怖かっただけ
復刻やめたのは廃課金者のご機嫌取り

 

348: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/09(木) 16:38:42.04 ID:hR5Hess5a
>>341
廃課金者が古参だけだといつから錯覚していた…?

 

418: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/09(木) 16:46:20.82 ID:oH95noWN0
>>348
古参だけなんて書いてない
ただ、新規の廃課金者には施設復刻さえしてやりゃ十分だからな
キャラはどんどんインフレしていくんだから
それより復刻ガチャやって今まで湯水のように金を使って支えてくれた層に逃げられるのは大きな損失だろ

 

444: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/09(木) 16:49:18.22 ID:hR5Hess5a
>>418
湯水のように金使った人間はちょっとやそっとじゃ逃げんよ

 

462: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/09(木) 16:51:56.00 ID:oH95noWN0
>>444
廃課金者ってめっちゃ日和見だぞ?
色んなゲームやって課金しまくってるやつが大半
白猫なんて課金してるいくつかのゲームのうちの1つでしかないし、白猫やめて他のゲームに行くなんて造作もない

 

565: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/09(木) 17:03:24.39 ID:1fTbempF0
>>444
普通はそうなんだけどこのゲームはいくら使おうが確実にゴミになるから逃げやすいよね
強いて言うなら金じゃなくて時間使ったタウンがもったいないくらい

 

574: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/09(木) 17:04:47.41 ID:1HGwmcdRd
>>565
頑張って入手しても産廃になる確率の方が極めて高いもんな 茶フランみたいな汎用性で生き残れてるのもあるけども

 

  • Loadingこの記事をお気に入りに追加する
  • この記事をツイートする


只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメント一覧(11)
  • No.
    1

    アスペわいてんな


    • No.
      1.1

      アスペって君みたいな人のことを言うんだよ
      ちゃんと意味調べてから使おうねNo.1さん


  • No.
    2

    アスペの意味わかってる?


  • No.
    3

    それ自己紹介だから


  • No.
    4

    復刻嫌う意味がわかんないんだよな


  • No.
    5

    復刻あったら「今しか引けない」「限定物」っていうブランド力が無くなるからだろ
    限定という言葉のブランド力が理解出来ないなら、別に白猫のガチャに限った話しでもないから一般的な商戦の心理でも学んでくれ


  • No.
    6

    復刻で問題視されてたのって、確率2倍前のキャラまで踏み込みそうだったからじゃないか?


  • No.
    7

    復刻を嫌う理由
    (運営側)
    ・No5にある通り限定にした方がガチャを煽りやすい
    ・限定を匂わせたガチャを復刻して返金騒動が起こると面倒
    (ユーザー側)
    ・持っていない人間に自慢したいのにそれが出来なくなる
    ・自分より有利な条件(確率2倍)で他の人が同じキャラを手に入れるのが許せない

    こんなとこかね


  • No.
    8

    そもそも復刻が認められても
    剣シャルとか双剣シズクは復刻できないはず
    ガチャ筐体そのものに期限が明記されているキャラの復刻は正当な理由で返金申請できる。
    グーグルみたいに甘い返金が通るとかいうレベルじゃない


  • No.
    9

    要は他人と差をつけて
    持ってない奴を煽りたいわけね


  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ