白猫プロジェクト攻略速報|白猫攻略・まとめ速報


1,436PV

637: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/13(月) 01:47:23.59 ID:k7/5f1amp
フラン強いけど移動付いてないから使い勝手悪いよな

 

642: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/13(月) 01:51:35.19 ID:lU8dbHFi0
>>637

使い分けでいいんじゃないか

 

644: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/13(月) 01:53:17.48 ID:k7/5f1amp
>>642

ナイコロみたいなところで無双してみたいわ

 

643: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/13(月) 01:52:52.74 ID:HfORes7r0

>>637

広いフィールドは遅れるな

スクラッチで逆に殲滅はし易いけど

あどどうしてもDAに弱い

 

648: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/13(月) 01:54:38.39 ID:flCpcpPRx
フラン使った後に愛車使うと、まぁ愛車でいいわってなる

転倒というかデメリットもあるけどそのデメリットも含めても愛車の方が使いやすいかな

 

651: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/13(月) 01:55:47.82 ID:p6mh6DeI0
移動可能かそうでないかはでかい

まぁ強いボスがいたらフランも使うかもしれんけど

擦りビーム連発で

 

659: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/13(月) 02:00:28.92 ID:euAZ8KtVd
あビームを頑張ってシコシコしてやっとアイシャと並ぶ程度の火力ならアイシャ選ぶわ

 

679: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/13(月) 02:09:49.98 ID:HfORes7r0
>>659

それが擦りでみるみる溶けるから楽しいんだわ。飽きたらアイシャ様使うし。使い分けだな

 

668: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/13(月) 02:05:19.45 ID:Now3QnOi0
基本的に性能はフランよりアイシャが上かもしれんが

アイシャはSP制限に弱いからな

バリア張り直すのも通常うち回る必要ある

SP切れで一回こけたら絶望的

だから2人を使い分けできるから助かるな

 

685: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/13(月) 02:13:17.03 ID:HfORes7r0

>>668

強いも弱いも特性が違い過ぎて使い分け、としか言えんよな

おはぎとケーキどっちが最強、とかいってるようなもん

 

670: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/13(月) 02:06:14.41 ID:RCbAWjGU0
フランはS2の高火力と

敵攻撃もトラップも回避する無敵の通常攻撃の組み合わせがやばいわ

まあアイシャ持ってたらやっぱアイシャのが強いの実感しちゃうが

倒れんかぎり異常無効の超火力はすごいわやっぱ

 

674: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/11/13(月) 02:07:38.91 ID:mmwGmYLl0
今のところ、BP関係無しでアイシャよりフランを使いたいという場所は思い付かんけど、

難易度が上がれば出て来るかもしれないな

なんにしても、弱いより強い方が有り難いわ

 

  • Loadingこの記事をお気に入りに追加する
  • この記事をツイートする


只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメント一覧(6)
  • No.
    1

    未だに島掘り弓オスクロル最強だな
    あいつ今年1年で1番活躍したんじゃね


  • No.
    2

    アイシャより弱くても比較されるだけ良神気だってことだよね。
    さすがに別枠旧式モデルが2人入れ替えの最新モデルより強くするわけにはいかんしこんなもんやろ。


  • No.
    3

    アイシャは転ばないようにしなきゃいけないからフランの方が比較的精神的楽になるな
    フィールド拾いところはアイシャ、そうじゃないところはフランでいいんじゃね?


  • No.
    4

    職違いではあるが、オズマもフラン並み神気になってくれるといいな
    オズマペンタは移動ビームだから
    火突は連続で出たから雷になるかな


  • No.
    5

    まず属性が違うんだから、両方持ってるに越したことないだろ。
    壁の向こうのスイッチとかを押したり、宝箱を開けたりするのはフランが使いやすい。
    移動しながらsp回収もめっちゃ楽だし、俺はどっちかと言うとフランが使いやすい。


  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ