白猫プロジェクト攻略速報|白猫攻略・まとめ速報


14,405PV

b6b32375defbf3c0c664b7ec1df72bba のコピー

 
159: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/09(木) 16:15:00.38 ID:9o4Mi4kid
そもそもヴァリアント要らなかったんじゃない?皆密かに思ってただろ?
エイジ パルメ

 

163: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/09(木) 16:15:29.25 ID:614mEsvop
>>159
いらない

 

166: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/09(木) 16:15:53.07 ID:vQYaRk990
>>159
完全に死産
パルメは職業パルメだし

 

173: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/09(木) 16:16:26.43 ID:PY9fHY0s0
>>159
2周年に出すべきだった

 

189: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/09(木) 16:18:25.03 ID:lzeas/Cdd
>>159
ぶっちゃけ村人ABだけの職とかいらない
キャラ魅力も職魅力も感じないし
普通に火力と燃費見直して魔と拳のスキル変身で良かったろ

 

  • Loadingこの記事をお気に入りに追加する
  • この記事をツイートする


只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメント一覧(20)
  • No.
    1

    内心っつーか、明確に思ってたんだが


  • No.
    2

    パルメ中の人が好きなので文句はない


  • No.
    3

    茶熊→フォースター→10島の後の今のガチャと一緒に出してたら現状よりは歓迎されてたんじゃない。茶熊と2周年の間くらいでちょうどよかったやん。


  • No.
    4

    二周年で出せばよかったんだよ
    せっかく協力面白くなってたとこだったのに。
    あのせいでかなり、フレンドやめた。


  • No.
    5

    村長の娘だか知らんけど村人Aでしょ要するに
    それが全ての既存キャラを過去のものにするのはまずいでしょ

    あ                

    • No.
      5.1

      過去にお団子屋さんが白猫最強だった時代(最強から落ちても職内ではかなりの間トップ)もあるからもう何も思わなくなった。


  • No.
    6

    なんの前触れも無く来たからなw
    なんであのタイミングだったんだろう


  • No.
    7

    ヴァリアント武器実装時は震えた。
    運営が白猫終わらせにきたって思ったからな…


  • No.
    8

    ただ単に今までの環境をよりぶっ壊しただけだった


  • No.
    9

    銭勘定ばかりで先の事何にも考えてなかったんだろ


  • No.
    10

    本編も思い出も話が酷すぎた
    変身能力を告白する勇気をくれた…!
    ってだからなんやねん
    ただ最強ってだけじゃ愛されキャラは生まれんぞユーザなめすぎ


    • No.
      10.1

      最近の紙芝居は安い恋愛ストーリー見せられるだけだからな


  • No.
    11

    確かにパルメもエイジも思い出はくそつまらんかったわ
    イベントストーリーに至っては1番好きになったキャラレノだし
    あいつらには全く愛着湧かなかった


    • No.
      11.1

      それだわ
      今までの入れ替え限定は皆ストーリー好きだったけど彼奴らはガチで何も感慨わかんかった
      特別感皆無


  • No.
    12

    2周年で出さなかったってことは2周年でまた新職出すつもりなんじゃないか?


  • No.
    13

    初めて入れ替えクラスのガチャ回さなかったわ、例え性能がよくても新職でもイベント見たら回したいとは思わなかった。


  • No.
    14

    エイジ位の性能のなら問題なかった


  • No.
    15

    あれなんだったんだろね、別に何かの節目でもないのに新職・・


  • No.
    16

    パルメは可愛くていい子、愛してる


  • No.
    17

    タイミングも酷かったし、それ以降のヴァリアントも犬と鳥しかいない手抜きだし昔からリークされてた斧爺さんとかアマタとか無理矢理ヴァリアントにされてるし
    マジで誰得なんだよ


  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ