白猫プロジェクト攻略速報|白猫攻略・まとめ速報


5,255PV

ヴィヴィ

 
535: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/21(火) 03:05:04.38 ID:SHoiTsJZ0
メルヘン実装直後のランマチの雰囲気また来ないかな今だとパルメヴィヴィがスキルブッパしてる内に終わってるわ

 

536: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/21(火) 03:06:20.76 ID:Fq0xOeZ+d
>>535
誰でいけばいいのかも分からなくて取り敢えず茶熊キャラで試行錯誤してたのめっちゃ楽しかったのにな

 

537: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/21(火) 03:06:35.29 ID:hqv2cr6Ka
>>535
氷滅13オススメ
縛りでパルメ入れないし、突不遇でヴィヴィも居場所ない

 

539: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/21(火) 03:08:23.66 ID:SHoiTsJZ0
>>537
表滅良いんだけど長くてな~一面要らないわあそこ

 

540: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/21(火) 03:08:33.63 ID:5xwGeKBz0
>>537
弓ヴィヴィ居ても普通にクリアできるし今だと人居ねーから選民する余裕もないぞ

 

  • Loadingこの記事をお気に入りに追加する
  • この記事をツイートする


只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメント一覧(13)
  • No.
    1

    パルメ、ヴィヴィ使って下手くそな俺はちょうどいい感じだけどなw
    やっぱり上手い人と一緒に行くとあっさり終わったりするもんなぁ


  • No.
    2

    茶熊メンツ+ノア位だとちゃんと高難易度してて面白かった
    からの僅か数日でパルメ実装は本当にこのゲーム自体をつまらなくしたよ


    • No.
      2.1

      いや、パルメ以前に「即氏環境」「状態異常のオンパレード」「クソ耐性」「特定ぶっ壊れキャラ専用協力」「過去キャラ全て産廃」の時点でクンゲー化していたんだが??
      でもまぁ、キャラバンでの浅井とクライヴの三浦さんの発言で、もう少し浅井と運営を信じてみる事にするよ。
      この最悪な環境を改善されるのを待ってるよ。


      • No.

        道中ボス級大量湧きも追加で!


      • No.

        同意見だな
        パルメのせいで終わった、とかパルメ出る前はよかったのに、とか言ってる奴はよくわからん
        メルヘンやオールウェイズ実装直後も特定の数キャラしかいけなくて選ぶ楽しみなんてなかったし文句言ってる奴もたくさんいた(特に白マンティで台無しにされた茶ツキミのファン)。
        パルメがでようがでまいがつまらないのは変わらないと思う。


  • No.
    3

    別に誰だろうといいけど
    1人で出来るもんキャラは出すべきじゃなかったね


  • No.
    4

    魔にサポされながらみんなで協力しながら進んだあの頃のワクワクはもう無いな。


    • No.
      4.1

      3桁リジェネや回復は各自できて辺り前、状態異常は防がない方が悪い、タゲは押し付けるもの、ってキャラが当たり前だからね
      ここまで来るとデフレさせることも出来ないしもうこのゲームでそういう協力ができる環境は一生来ないと思うよ


  • No.
    5

    メルヘンをパルメでホストしてると、縛り目的のフォースター19のキャラが抜けまくって草。
    しかも同じ奴が何度も部屋出入りしてくるからなお草。即切りできるようゲストしかやらない臆病な縛り民ださすぎな^^;てかメルヘンで縛りとかやりにくいんだからホストで粘れよ。ああ俺はランク200超えだから、低ランゆえの退出はないから^^;


    • No.
      5.1

      まぁ少なくとも、縛りに関係なくあんたと協力行くのはつまらなそうだな


  • No.
    6

    正直即ペロ切りやホスト切りに解散祭りは嫌だったな
    数回やって出る敵見て結局12、13の初回クリアはツキミとノアとハルカ使って自演ソロでクリアした


  • No.
    7

    電卓時代は面倒だったけど、いろいろと楽しかった。


  • No.
    8

    味方のSP残量確認しながら協力プレイすることがなくなったのが一番クソだわ
    撃破AS無くしたりすればちょっとでも変わるんだけどなぁ・・・


  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ