白猫プロジェクト攻略速報|白猫攻略・まとめ速報


8,298PV

c551c5a629e9a6e5b50a42c3642d561e

1038: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/02/18(木) 16:25:47 ID:hprXg.jQ0
割と嫌いじゃないぞこの協力

 

1060: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/02/18(木) 16:27:41 ID:7Uol/pI.0
>>1038
こういうのはあってもいいと思うけど想像の斜め上だな
ナイトメアをもっと難しくしたようなのを期待してたわ

 

1039: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/02/18(木) 16:25:49 ID:RZfesxxU0
ここまでウッホだらけだと腹立つ
ちんげ「いろんなキャラで楽しんで頂ければ……と!」

 

1041: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/02/18(木) 16:25:57 ID:Kv7qC.4k0
重いし敵の耐久攻撃ともに難易度詐欺だし制限時間まで防衛という周回には向かない協力

1日延長したのはなんだったのか問いたい

 

1049: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/02/18(木) 16:26:35 ID:q/CRjtv60
星12は敵殲滅以外で難易度上げるんかな
固いだけのキャラ出しすぎたから対策するのな

 

1064: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/02/18(木) 16:27:56 ID:CwN7sI9E0
>>1049
とはいっても相変わらず火力大正義すぎてるけどな
燃費よくてぶっぱできるやつが強い

 

1050: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/02/18(木) 16:26:35 ID:6Vfe.F5Q0
星12期待して課金したのにクソゲーだったでござる…
足場のない所に湧く草がウザすぎる

 

1054: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/02/18(木) 16:26:50 ID:ex4BfDrw0
割と面白いと思うんじゃが不満だらけね

 

1056: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/02/18(木) 16:27:09 ID:F7MLv4Sc0
プレミオゲーだった
てかあの万能さを1つでもアマタに欲しかった

 

1057: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/02/18(木) 16:27:11 ID:m2/7Zm4.0
こりゃ常設☆12も期待できない

 

  • Loadingこの記事をお気に入りに追加する
  • この記事をツイートする


只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメント一覧(12)
  • No.
    1

    常設星12は普通にCF強化版みたいなのが良いかな


  • No.
    2

    全く面白くなかったわ


  • No.
    3

    難易度的には固定だと星10くらい
    ランマチだと星13くらい


  • No.
    4

    ☆12で墓標のステージで敵をうんと強くして出して欲しい。オファー☆6みたいに


  • No.
    5

    こういう協力があってもいいなと思ったけどメインで遊べる☆12いい加減くれよ…


  • No.
    6

    やってると自分ばっかりウッホ倒してる
    他の人毎回何やってんだろ??
    まったく理解ができん


  • No.
    7

    ランマチだと本当にクソ。ランマチに文句言うなとか言われるかもしれんが成功条件、失敗条件も理解せずに来るのはマジでやめてほしい。スキルブッパするしかないチンパンジーだらけだわ。


  • No.
    8

    どんなクエ出しても「つまんねー」しか言えないのかよ…
    コメ6、7が言ってる働いてるのかわからん連中と共闘するのはつまらんが、クリアできる時は本当に協力してる感じがして割と好きだったぞ


  • No.
    9

    ビームゲーに拍車かけてどうすんだ


  • No.
    10

    ホストでやるならちゃんと右のミノ処理しろよ。。。斧うっとしいんだよ。。。


  • No.
    11

    持ち場を離れて既に人がいるウッホに集まり失敗させる奴多過ぎ、小学生のサッカーかよ
    まだ序盤だからと持ち場の敵をつついてSP回収してたら失敗してがく然とした
    それ以来野良は信用してない、空きエリア見定めて排除してる
    まぁそれでもピーク3人が気絶してて失敗みたいなギャグかまされるんで笑える


  • No.
    12

    1時間ランマチしてみてクリアできたのが8回だけだったわ。持ち場もわからん頭ウッホが多過ぎ


  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ