白猫プロジェクト攻略速報|白猫攻略・まとめ速報


6,177PV

ティナ

 
350: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/30(木) 01:22:21 ID:h7MmiOt.0
ティナは何で宝石使いなのかわからんし拳で殴るイメージ凄いから双剣持たされてる感すごいしよくわからんキャラだな
いやかわいいけどさあ

 

433: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/30(木) 01:46:31 ID:tDvIUKRo0

>>350
父が七色の波動と、現象を操る能力者
母がグーパンでジョカ島沈める怪力ゴリラ(弟がブラッド)
その娘がティナ

夫婦双剣という最強の武器を受け継ぎ、
自分の身を守るために双剣技を磨いた
プレシャス・チルドレンとかいう霊神の欠片と呼ばれる存在で
世界を滅ぼす力を持ってるが、
胸の錠前によって封印されている

設定が複雑すぎて
これもう分かんねぇな

 

361: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/30(木) 01:24:52 ID:pMxAYtyE0
ティナちゃん見た目さいかわなのにブラッドとの初対面で感じ悪過ぎなんだよなぁ
ファルファラと話してる時みたいな良い子路線で良かったのに男に対して意味不明に口悪いのやめてくれ

 

380: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/30(木) 01:28:36 ID:l4n3xfTc0
>>361
まぁ現実世界でもその辺の路地であったチャライ男は確実に不審者扱いされるし、多少はね?

 

448: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/30(木) 01:53:44 ID:.op8mfuc0
設定やばい言うならこれくらいじゃなきゃ
・日本で1,2位を争う魔法名家の生まれ
・骨折や出血多量の致命傷を負っても一瞬で再生できる能力と
一人で戦艦を一瞬で消滅させる、世界に殆どいない戦術級の能力の持ち主
・そのせいで普通の魔法を使うのに少し手こずる
・普通の魔法が苦手なだけで実戦は負け知らず、小さい頃から軍隊に所属して働き
忍者の師匠が居て格闘術も最強クラス
・学校の成績はトップクラスで見ただけで相手が魔法を発動する前になんの魔法かわかる
・魔法発動前に、術式がわかるから、発動前なら魔法消去できる
・研究が大好きで、学生なのに魔法史を覆し、名前が後世に残るような大発見を何度もしている
・幼い時に改造された人間魔法兵器で、最強になったが精神が破壊された
・親の会社(魔法アイテムメーカー)で研究してて、利益に多大な貢献
・戦闘力・研究成果ともに世界トップクラスなのに、それを隠して高校に通ってる
・主人公固有のTNT換算20メガトンの戦略級攻撃魔法で敵の軍港を近隣都市ごと吹き飛ばす
・分解や再生に関する魔法なら何でも使える
・それ以外の魔法は魔法式を構築するのに時間がかかりすぎて実践では使い物にならない
・しかし魔法式を丸ごと脳に植えつけることによりむしろ常人より早く魔法を使える
・↑は四葉家の秘匿技術なので世間にバレてはいけない
・物体を原子単位で分解→E=mc^2で、質量をエネルギーにできる。
・物体を原子単位で復元→肉体も物体も再構成可能。発動体が壊れても、これで復元。
・さらに、天才の主人公にしか使えない擬似魔法により、たいていの魔法は再現可能。
・ちなみに兄は戦略級魔法師で妹が戦術級な
兄の通り名は「破壊神(ザ・デストロイ)」
特殊な「眼」により隠れている敵をすぐに見つけ出したり見えない攻撃を察知することができる
「眼」を誤魔化すことができるのは「この世に存在しないモノ」のみ
・妹のキスで、魔法の制限が解除される

 

458: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/06/30(木) 01:57:14 ID:1sSFZSlg0
>>448
さすおに
つまりハヤトは最強ってことだな

 

  • Loadingこの記事をお気に入りに追加する
  • この記事をツイートする


只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

コメント一覧(5)
  • No.
    1

    感じ悪いってのは
    くぎゅは「ツンデレの女王」なので仕方無いのですw
    その分デレを期待してお付き合いください…システム的にデレないけど・・・w


  • No.
    2

    短時間でくっさいアンチ記事いくつもまとめてるお前よりまし


  • No.
    3

    普通に身内だからでしょ
    外では大人しく礼儀正しいけど
    家では家族や気を許す相手にはわがままを言う良くできた良い子設定じゃん


  • No.
    4

    普通にツンデレで良かったのに中途半端なキャラでもやもや
    見た目とも合ってない


  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ